Monthly Archives: 4月 2015

ブルーベリーについて

Posted by hjol on 4月 25, 2015
定期的なsupplementの摂取 / No Comments

元々ブルーベリーは好きでジュースやジャムを飲んだり食べたりしてました。

そして、最近仕事柄ずっとPCを見つめている生活が長いのですが、眼精疲労のことを調べていて、ひょんなことからブルーベリーサプリのサイトに行きつきました。

ここではブルーベリーサプリの選び方についてみていきたいと思います。まず、サプリを選ぶ上で一番重視したいのは、やはり成分です。 ブルーベリーサプリを購入する際には、アントシアニンの含有量を確認して下さい。   商品ごとに吸収力にも違いがあるため一概には言えませんが、一般的にアントシアニンの含有量が多ければ多いほど、効果も高いとされています。よって、(含有量が多いものほど値段も高くなりがちではありますが)アントシアニンの含有量が多いサプリがオススメです。   サプリメントは毎日飲むものだけに、ついつい安い価格の商品に真っ先に手が伸びてしまいがちですが、配合されている成分をしっかり確認し、質の高い商品をできる限り選ぶようにするといいですね。
参考:ブルーベリーサプリメントランキング比較※眼精疲労も解消

ということで、目にも良いと言うことなのででよく飲食しています。

最近では仕事の関係上細かい文字やPDT(ハンディスキャナー)の文字がみえにくくなって何か良いものがないか探したら某サイトのサプリメントを購入して試しました。

以前よりショボショボが無くなった様な気がします。また合ったら購入したいと思っています

パソコン従事者には必須

Posted by hjol on 4月 23, 2015
定期的なsupplementの摂取 / No Comments

実は、自宅の庭にブルーベリーの木を植えていますが5年たった今も、一度も収穫したことがありません。
観賞用というか、ただ緑があればいいだけになっています。
昼間は仕事で不在のため、その間にすべて鳥が食べつくしてしまいます。

週末に取れば良いのですが忘れています。ブルーベリーの木を植えている方は大方そうではないでしょうか。
ですので、一年中いつでも取ることができるサプリを愛用しています。
生の実だとたくさん取らないければいけないし、スーパーで小さなパックなのに300円位もします。ちなみに、

ブルーベリー発祥の地は、北アメリカ大陸だと言われています。当時から原住民にとってブルーベリーは貴重な栄養源でありました。もちろん豊富な栄養素が含まれていることは知られてはいませんでしたが、干したブルーベリーをスープに入れるなどして、頻繁に食べられていたようです。 ちなみに、日本でのブルーベリーの発祥の地は、東京都小平市。これは経済栽培としての発祥の地ということになりますが、「ブルーベリーの父」と呼ばれている岩垣駛夫氏が、1968年(昭和43年)、栽培に適した土地として小平市を選び、ブルーベリーの木を植えたことを起源としています。
参考:ブルーベリーの歴史 / ブルーベリーサプリメントおすすめ.net

定期的に有効な成分が取れればサプリの方が効果的だと思います。パソコンを一日中使っていることが多いので、やはり午後になってくると目が疲れます。
夜もなおさらです。
特にスマホはこの頃老眼も影響してみるのがきつい時がありますが、必需品なのでサプリで対策をしないといけないと思っています。
ブルーベリーサプリを飲んで1か月すると目の疲れは次第に感じなくなりました。
赤ワインにも共通するポリフェノールが豊富なので、血管年齢を若く保つのにも良いそうで納得しました。

たくさんあるダイエットサプリからどれを選ぶのか

Posted by hjol on 4月 01, 2015
定期的なsupplementの摂取 / No Comments

最近は本当にたくさんのダイエットサプリがあります。

以前は新興サプリメント会社の競争市場だったダイエットサプリですが、最近は大手食品メーカーや大手化粧品メーカーなども参入して、ますます盛り上がりを見せています。

そうなってくると消費者が困るのがどのサプリメントを選べばいいのかということです。

今回は数あるサプリメントの広告やCMからサプリメントを選ぶ際のちょっとした注目ポイントをご紹介します。

それは減量のペースです。よく、ダイエットサプリの広告には体験談などで何ヶ月で何Kgやせたという文字が目にとまるかと思います。実は1ヶ月や2ヶ月程度で数kg痩せるというのはさほど難しいことではありません。ダイエットが必要な人は多少なりとも日ごろの生活に不摂生があるためなので、その生活を改善して食事の制限と適度な運動をすれば短期間にある程度のダイエットは可能なのです。

本当のダイエットはどれだけ継続可能かというところにあります。そもそもダイエットのペースは1ヶ月に体重の5%程度が適当とされています。つまり広告で注目すべきは5%程度のダイエットをどれだけ継続できたのか、ということになります。